草刈り、草取りの地味な日常。商品を買ってくれる、欲しいといってくれる人がいると、励みになりますね。

広告



草刈り、草取りの地味な日常。

 

商品を買ってくれる、欲しいといってくれる人がいると、励みになりますね。

 

この本は、まだ読んでいないけど。

 

 

created by Rinker
¥295 (2020/10/01 07:22:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

本の帯。

 

美味しいワインには土の味わいと職人技の香りがする

 

まさに、この言葉。

美味しい食べ物を育てるには。

地味な作業の繰り返し、積み重ね。

職人技。

そして。

 

料理と同じ。

 

同じ作物を同じ環境で育てても。

育てる人によって。

味の違いが出ると思っている。

 

たとえば、同じ材料を使って料理をしても。

積み重ねた技術や経験の差が、味として現れるのと同様。

調味料を加えればいいというわけではない。

 

畑が調理場。

 

単純に畑は、作物を育てる場所というよりも。

すでに畑は、お客さんに材料だけではなく。

料理を提供するお店、という感覚。

 

そして、ウチの商品。

無肥料栽培の作物は、偶然の産物ではなく。

技術の結晶です。

 

毎日、地味な作業を繰り返すことができないと。

いいものは作れない。

それを励ましてくれるのは、やはり買ってくれる人。

いつも感謝しています。

 

created by Rinker
¥295 (2020/10/01 07:22:16時点 Amazon調べ-詳細)

広告