細かいタネ(ハーブ類が主)をまくための用土には、一番目の細かい鹿沼土を使うことにするテスト。

広告



細かいタネ(ハーブ類が主)をまくための用土に、一番目の細かい鹿沼土を使う。

 

ここには、何もないように見えますが。

 

 

よく見ると。

 

 

落ち葉で作った育苗用土は、土の粒子、大きさが安定しないので。

 

手でまける程度の大きさのタネには。

落ち葉、草を積んで作った用土を使って育苗用土にしている。

数年前に作ったものを何回も使い回す。

 

この用土を使うのには、量的な限界と。

土の粗さ、粒子の大きさが揃っていないという問題。

ふるいにかけて使っていたこともあったのだけど。

そうなると余計に量が足りなくなる。

それと土に含む水分量の管理が難しい。

 

細かいタネを、まく用土としては自家製の土は不向き。

そこで、鹿沼土。

自家製の土とは違ってお金を払えばいくらでも手に入るし。

 

何でか?

鹿沼土が好きなので、この土を使う。

 

タネのまき方。

 

市販で4種類くらいある中で1番細かい鹿沼土を、種まき用の用土として使う。

特に細かいタネ、ハーブ類。

これらのタネは、鹿沼土よりも細かい。

 

これは、タイム。

 

 

そして、ホーリーバジル 。

 

 

育苗箱に入れた鹿沼土。

上から水をかけて固めるイメージで、完全に湿らせる。

その上からパラパラタネを落とした後。

もう一度水をかける。

 

他の作物とは違って。

上から保湿、保温用の新聞紙はかけない。

 

理由は、すでに気温が高いからと。

好光性の植物っぽい。

そして、わりと雑に水をかけても水が抜けるので、過多にはならない。

水管理が楽だから。

メリットだらけ。

 

鹿沼土で発芽させて、ポットにあげたクレソン。

 

 

このクレソンは、ポットに植えかえたばかり。

ちょっと元気がなさそうですが。

数本生き残れば。

挿し芽で増やせるのでこれでいい。

 

使い終わった鹿沼土は挿し木用に使う。

 

育苗で使い終わった鹿沼土は。

挿し木用。

剪定したブルーベリーなど、果樹の枝を挿して。

 

 

再利用ができます。

広告