昨年育てて、こぼれたタネから育った苗が自生。畑で拾って育苗、栽培をする。マイクロトマト。

広告



自生した苗を畑で拾って育苗、栽培をする。

 

 

トマトが発芽しています。

 

固定種栽培のいいところは。

自家採種ができて、そのタネで栽培ができること。

 

トマトのタネ採りの方法。

 

 

完熟した実を収穫。

ビニール袋などに入れてつぶす。

数日おいて発酵させてから洗う。

新聞紙などの上で乾かして保存する。

 

マイクロトマトに関しては、タネを採るのをやめた。

 

数年間は、栽培したマイクロトマトのタネを採って。

それを翌年まく、というサイクルを繰り返していたのだけど。

落ちた実から畑に翌年自生。

勝手に生えてくることがわかった。

 

タネを採って、保存。

それをまいて育苗。

一連の管理。

この手間を省くことにした。

とはいえ、自生させる場所を確保。

苗が出てくるのを観察はしている。

 

昨年、一昨年よりもかなり遅い発芽。

過去は、もっと寒い時期から生えていた。

 

マイクロトマトのみ。

 

ただし、この栽培の省力化ができるは。

とりあえず、マイクロトマトのみ。

 

他の種類のトマトは。

まだ思うように育つ品種が選定できていない。

うまく栽培ができていないし。

 

トマト以外の作物に関して。

こぼれ種から育った苗を拾って育苗、栽培ができる作物は。

今のところは、赤シソくらいです。

広告