アスパラガスが生えてきました。でも、収穫、食べられるまでは、あと一年必要か。

広告



アスパラガスが生えてきました。

 

暖かくなって畑に顔を出すアスパラガス。

 

 

冬の間は上部が枯れていて暖かくなって芽を出すアスパラガス。

 

昨年の記録、ブログをみると。

4月の20日を過ぎたあたり。

アスパラガスの2年目。新芽を出しました。アスパラガスの2年目。新芽を出しました。

今年も、同時期です。

 

今年は、冬の寒さが前年よりもやわらいでいた感じがしたので。

芽を出す時期は早いのか?と想像していたのですが。

予想外、特に変化なし。

 

ということは、来年も

4月の20日を過ぎたあたりに芽を出すという予想。

 

アスパラガスは、残念ながら。まだ収穫ができるサイズではない。

 

せっかく芽を出したアスパラガスですが。

 

 

アスパラガスのアルジャントゥイユの種をまいたのが、2018年。

収穫までは3年かかるというタネの袋の説明。

昨年よりは多少太く、長く、しっかりしていて。

成長しているようにはみえる。

でも、やはり収穫、食べられる大きさにはほど遠い見た目。

つまようじの細さ。

 

そういうわけで、うまくいけば来年の4月後半。

アスパラガスが収穫、食べられるはず。

あと一年。

 

採れ始められれば数年間収穫できるといわれる作物。

とはいえ、3年間、畑を占拠するわりには収穫できない。

 

作物栽培の収入。

アスパラガスは、余裕ができてからやるべきだったのかな?

もうやってしまっているので手遅れだけど。

広告