やっとブドウを植える畑が片付いた。そして、甲州ぶどうが萌芽し始めている。

広告



甲州ぶどうが萌芽し始めている!

 

やっとブドウを植える畑が片付いた。

 

ワインを作るつもりなので、ブドウ畑を作る。草刈りはじめました。

 

 

一月から始めたブドウ用の畑作り。

ブドウを植える土地の開墾作業。篠竹を刈り終えました。やっと畑の全貌が見えた。

 

刈り終えて積んでおいた草、篠竹を移動、もしくは燃やす作業を少しづつ。

 

 

 

そしてついに、あんなに山になっていた篠竹。

 

 

本当は、篠竹を燃やさずに。

何かしら有効活用ができれば良いのだけど。

時間的にそこまでの余裕はない。

とりあえず、畑をトラクターで耕起できる状態にしなくてはいけない。

作業を終えることが先決。

 

 

そして、これでやっとひと段落。

 

柄が折れた。

 

もう一ヶ所ブドウを植える別の場所。

土の状態の様子を見に行き、草を刈り。

手作業で根っこを取り除こうと、強引に土を掘り起こしたら。

 

 

大事な道具の柄が折れた。

 

甲州ぶどうが萌芽し始めている。

 

これは購入して、届いた時の状態。

 

 

霜よけのために。

青いビニールシートの下に保管してあるこのブドウ苗。

様子を見ると、甲州ブドウが萌芽を始めている。

 

畑の準備ができていたとしても。

遅霜の心配があって、まだ植えるのは怖い、早いとは思っている。

ただ、芽が動き始めたということは。

植え付ける時期も近い。

 

どこかのタイミングで思いきって植えつける。

その判断をしなくてはいけない時期なのかもしれない。

楽しみでもありながら、少しのプレッシャー。

広告