ジャガイモを植えました。ジャガイモを植え付ける時期の判断は、近所の人が植えたのを見て真似をしました。

広告



ジャガイモを植えつけました。

 

 

今年も品種は、キタアカリとメークイーン。

ジャガイモを調理して食べてみる。

 

味のキタアカリ。

収穫量のメークイーン。

この2品種を。

昨年よりも、少ない量での栽培をすることにしました。

 

ジャガイモの栽培には場所が必要で。

昨年までは、ある程度の量を植えても。

栽培管理、収穫をする時間。

手がかけられず。

収穫量としては、不本意な状況。

結果的にメインの収入、商品にはならなかった。

 

ジャガイモは、霜を怖がるな!

 

そして、種イモを植え付ける時期。

昨年ジャガイモを植えたのは。

4月に入ってから。

この時期が、遅かったと反省。

地域の特性。

植え付ける時期、タイミングを見極められていなかった。

 

そこで、近所の人にジャガイモを植える時期のタイミングを聞いてみると。

ジャガイモは、霜を怖がるな!ということ。

 

ただし、やみくもに早く植えるということではなくて。

遅霜にあたってもギリギリ耐えられる時期。

それが今!

ここ数日の時期らしい。

 

近所の人が植えたのを。

そして、別の人のジャガイモを植える準備の作業を見て。

ジャガイモの植え付けるタイミングをパクる。

 

自然栽培で重要なのは。適時、適地適作、品種選び。

 

作物栽培は。

特に無肥料の自然栽培は。

「適時、適地適作、品種選び」が重要だと思っている。

ちなみに種イモは購入したものです。

広告