トラクターのメンテナンス。クーラント、冷却水を補充してみました。入れたクーラントがポタポタたれるのは、余分な量が落ちるから?。

広告



トラクターのクーラント、冷却水を補充してみました。

エンジンオイル交換に続いて2ヶ所目のメンテナンス。

ガソリンスタンドでやってもらったトラクターのエンジンオイル、エレメント交換作業。

そこで教えてもらったメンテナンスの一つが、クーラントの補充。

エンジンルームを開けて。

ここに入れる。

とりあえず、口が満タンになるまで補充。

乗用車でも冷却水のフタは。

走行後はかなり熱いので。

普通の人は開けない方がいいけど。

それよりも農機のこれは。

「完全に冷めた状態で開けてください。」

アドバイスをもらっていた。

圧の逃げ道がないらしい。

作業としては、入れるだけなので簡単。

クーラントの補充作業は、冷えた状態の機械。

キャップを開けて、入れるだけなので作業としては簡単。

買ってきた「農機専用のクーラント」を入れる。

希釈しないで使えるタイプ。

「冷却水の補充だけなら、水でいい?」

ダメだそうです。

水だと、冬は凍るし、夏は温度が余計に上昇してしまう。

だから、水ではなく、「クーラントを入れてください。」

高いものではないし、劣化もしない、保存ができるので。

持っているべき必須メンテナンス用品のひとつ。

補充したクーラント液が、ポタポタ落ちる。

補充を終えて、エンジンをしばらくかけると。

なんかエンジン音。

アクセルを踏んだ感じも調子がいい。

そして、機械の周りを見ると。

緑の液体、クーラントが下にポタポタたれている!

コレは、どこかに穴が空いているということではなくて。

余剰の液体をここのホースから逃がしているだけですよね?

そう思いたい。

ロータリーが上がらない!

そして、先日このトラクターを使って作業していると。

ロータリーが上下しない。

このレバーが効かないことが数回。

ギア、ミッションのオイル系統の。

メンテも必要らしい。

created by Rinker
古河薬品工業
¥1,409 (2024/04/23 17:11:27時点 Amazon調べ-詳細)

なおこのメンテナンスをはじめたトラクターは。

そのあと、故障箇所も多くて。

もう部品もないということ。

修理が不可能。

買取業者に買い取ってもらいました。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。