ウドの根株を入手しました。この栽培をやることによっての相乗効果、有機的。複合的なメリット。

広告



ウドの根株を入手しました。

 

これがウドの根株です。

 

ウドの根株を譲ってもらいました。

これは県の育成品種。

ピンク色のところが、ウドの芽。

 

 

 

近所の人からの誘いがきっかけ。

山ウドの施設栽培をやってみませんか?という話を近所の人からいただきました。

ウドの施設栽培についての資料をもらってきました。

 

この当初の計画、施設栽培とは違うカタチにはなったけど。

根株の入手ができて、スタートができます。

 

ウドは軟白栽培をさせてみる。

 

施設栽培で、早出し。

他の人とは出荷時期をずらして商品とするのは。

競合が少ないメリット。

 

現段階で施設、ビニールハウスなど。

準備ができていない、できないので。

施設栽培ではなくて。

露地での軟白栽培をやってみることにする。

 

もちろん狙ってこのタイミングなのだけど。

農作業の機械、トラクターのメンテナンスも出来たので。

トラクターのエンジンオイル、エレメント交換作業無事終了。

 

霜の対策、保温と遮光が目的。

 

今年の暖かさ。

もう植えつけてもいい時期。

もともと掘り起こそうと狙っていた自然のウド。

芽はすでに顔を出している。

 

畑をトラクターで耕起して。

深く溝、もしくは掘った穴に。

このウドの根株を植える。

そして、上に落ち葉を厚くかける予定。

地域にある多量、大量の不要な落ち葉の入手も可能になった。

 

これらは、霜の対策、保温と遮光が目的。

おまけに防草、草の対策にもなるかもしれない。

厚く積んだ落ち葉は、腐食して腐葉土。

数年後には、タネをまく育苗用土にもなる。

一石二鳥以上の効率化。

 

これは有機的な地域循環。

本来の意味での、有機栽培。

でも私は、有機栽培農家ではありません。

 

created by Rinker
¥1,430 (2020/04/08 06:59:43時点 Amazon調べ-詳細)

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。