ランの花を食品乾燥機で乾燥させた結果。色は綺麗に残りましたが、形の立体感がなくなった。

広告



ランの花を食品乾燥機で乾燥させてみた結果。

 

 

アクセサリーなどに乾燥させた花が使えないかのテスト。

もらった花、確か春蘭?を食品乾燥機で乾燥、ドライにしてみました。

 

食品乾燥機で乾燥させてみるテスト中。生花をドライフラワーにしてみる。

 

 

原型は、コレ。

花びらが肉厚。

 

色は綺麗に残りましたが、形の立体感がなくなった。

 

花を乾燥させる、ドライフラワーを作る一般的な方法は。

 

数日間から数週間吊るして、水分を抜いていく方法と。

シリカゲル、乾燥剤を使う方法があるらしい。

 

今回テストしている、風を送って乾燥させる方法は。

食品乾燥機、温度は低く設定できるとはいえ。

花がバラバラ、崩れる原因。

もしかしたらよくないのかもしれない。

 

高温や強い風に注意。

市販のドライフラワーの取り扱い注意点に書いてあったので。

 

色の仕上がりとしては、いい。

 

野菜、花を数点乾燥させるテストをして。

乾燥前と、乾燥後の色は変化するとしても。

色が綺麗に残る傾向にある。

 

そして、花びらに限らず。

特に、乾燥させた物が崩れることもない。

ただ、問題は、形。

立体の原型が保てないこと。

どう収縮するか?が、わからない。

 

以前からのテーマ。

野菜やハーブの色を残したまま乾燥させたい!

コレは、食品乾燥機で解決できるかもしれない。

 

原型がコレで。

 

 

乾燥後。

 

 

この乾燥させた花の使い道があるか?は。

コレからのテーマ。

考えるとして。

見た目、悪くないでしょ。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥24,357 (2020/10/01 07:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

広告