料理の本。「ビーガンレシピ」注文しました。

広告



料理の本。「ビーガンレシピ」注文しました。

 

 

created by Rinker
柴田書店
¥3,080 (2020/10/31 09:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビーガンという考え方が、かなり普及してきた。

 

ビーガンの人は、動物性のもの。

動物愛護の観点から、家畜にも反対。

口にしない、食べないだけでなく。

皮製品も、身にもまとわない。

ベジタリアンよりももっとシビア。

 

今までの菜食、ビーガンの料理とはちがう!

 

「ビーガンレシピ」という料理の本が発売されました。

ちらっと事前情報を見た印象。

 

「今までの菜食、ビーガンの料理とはちがう!」

 

動物性の食材が制限された中。

調理の基本技術で、美味しさを補う。

料理、調理の基礎の本として。

 

そして、海外の雰囲気。

インテリアとしても使える洋書のような装丁、デザイン、写真。

プロ向けの料理本でありながら、家庭でも違和感がないオシャレ感。

 

難しいことを考えながら食べる食事は楽しく、美味しくない。

 

過去のマクロビ、菜食、ビーガンが食べる物。

食事に不自然さが、あるように思えていた。

 

肉の代替品を作り出したり。

健康目的で食べるものを制限しているわりには。

不健康そうに見える。

 

思想は大切だけど。

ある主義に頭が凝り固まると。

本来の食事の楽しさ、楽しみが失われる。

難しいことを考えながら食べる食事は楽しく、美味しくない。

 

きっと、楽しく、美味しく料理ができる本。

届くの楽しみ。

 

created by Rinker
柴田書店
¥3,080 (2020/10/31 09:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

届いた。

 

広告