燕京赤長大根。試食したら、辛くて、スが入っていた。

広告



燕京赤長大根。試食をしたら辛くて、スが入っていた。

 

収穫してから数日間、常温での保管。

やっと試食するタイミング。

 

これは、燕京赤長大根。

さつまいもに見えるけど、これは大根。

 

 

皮、肌が荒れているし。

皮を残して食べると、食感や味にも邪魔な気がしたので。

皮をむいてみると。

中は真っ白。

この品種は、皮が赤く中身は白い。

食べる段階で白いと、赤い大根の意味。

この品種の持ち味が全く出ない。

 

切ったらスが入っていた。

 

皮をむき、輪切りにすると、スが入っていた。

フカフカしているか思ったら。

切り方によっては、まだサクッとした食感が残っている。

 

部分的には辛い。

そして、梨のような食感と甘さもある。

 

とはいえ、スが入りやすい品種だと、商品としては失格。

このままでは、売り物にはできない。

 

数本収穫、試食で状態の確認のテストをして状態が良くなかったら、干し野菜。

赤い切り干し大根を試作、作ってみる。

 

上手く赤い色が残ったら。

紅白で縁起が良さそう。

広告