Inkbird IBS-TH1 温度 湿度センサー。プローブ付きも使ってみる。

広告



「Inkbird IBS-TH1 ワイヤレス Bluetooth データログ 温湿度計ロガー プローブ付き」も使ってみる。

 

 

Inkbird IBS-TH1 ワイヤレス Bluetooth  温湿度計 温度ロガー  プローブ付き

 

この機種「IBS-TH1」は、本体もしくは接続したプローブで温度、湿度を検知する。

 

今回の機種「IBS-TH1」は、「IBS-TH1 MINI」とは違い

本体に接続したプローブで温度、湿度を検知するタイプ。

本体では測れない、土中の温度。

外部センサー、プローブを土に埋めて温度の記録をとっておく目的で購入。

 

残念ながら、外部センサーと本体の2カ所は同時に測れない。

接続したセンサーか、はずして本体のどちらかの計測。

 

IBS-TH1とMINI、3つの違い。

 

IBS-TH1とMINIの違いは、3つ。

 

IBS-TH1は、外部センサーが付けられるのが大きな違い。

 

そして、IBS-TH1は、MINIに比べて少し大きい。

直径2センチ程度、高さも1センチくらいか。

設置しても特に邪魔、気になるわけではない。

 

使う電池は、単4電池。

こちらの「IBS-TH1」には、電池が付属していません。

 

 

一方、なぜかMINIには、ボタン型電池が2つ付属。

 

 

2つ付いている電池、一つは予備。

 

Engbird、アプリに表示される電池残量をみると。

ボタン型の電池は、消費がはやいのかも。

置いて数日なのに、電池残量が60%台。

早すぎる。

 

家の中からガラスを隔てて約10メートル、ブルートゥースは届かない。

 

なお、スマホとの接続は、ブルートゥース。

障害物がなければ、最長50メートルほど届くらしい。

 

外に仮でおいた「IBS-TH1」。

家の中からガラスを隔てて約10メートル。

ブルートゥースが届かない。

 

広告