フライパンでタルトの生地を焼いてみた。

広告



フライパンでタルトの生地を焼いてみた。

 

タルトは、オーブンがなくてもフライパンで作れるらしい。

 

タルトを作る目的は。

「サクッと食べられるお食事お菓子」を作ってみようと思う。もちろん自然栽培、ウチの野菜をメインの原料にする。

甘くないお食事タルトを作ってみたいけど。

ウチにはオーブンがない。

 

ピアノが弾きたい、聴かせたいのにピアノがない。

 

タルトは、オーブンがなくても焼ける。

 

タルト生地は、オーブンがなくても。

フライパンで出来るらしいので。

さっそく試作。

まずは、セイボリータルトではなくて、一般的な甘いタルト。

 

ネットで検索した材料、レシピと作り方。

それをすでにアレンジ。

ウチにはない材料は、代替。

分量も、大体で。

だから失敗するのですね。

 

タルト生地。できたものはこちら。

 

材料をまとめて。

これを冷蔵庫で冷やす。

 

 

フタをしない弱火のフライパンで焼く。

フツフツ生地が盛り上がったので。

途中で、フォークで生地に穴をあけた。

 

 

しばらく焼いて、焼き色はついてきたのに。

生地が焼き固まっていない。

 

 

ひっくり返すとボロボロ。

この状態ですでに予想外。

 

 

その後、火を通しても、焼き固まらず。

 

 

とりあえず食べられるように、加熱だけはしっかり。

タルト生地のそぼろにした。

具材の土台ではなくて、トッピングに転換、アレンジ。

 

甘すぎる。

 

生地に対して3分の1程度の砂糖を使用。

 

固まらなかったボロボロした生地を味見しても、個人的には甘すぎる。

土台の代わりに、何か食材にふりかけるとしても、物足りない。

 

タルトは、生地に凝縮感があって。

その上、サクッと感がないと。

美味しくないらしい。

次は、そこを目指して再挑戦。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。