スティーブヴァイが書いた音楽理論の本。「ヴァイデオロジー ギタリストのための初級音楽理論 」

広告



スティーブヴァイが書いた音楽理論の本が発売されたようです。

「ヴァイデオロジー ギタリストのための初級音楽理論 」

 

created by Rinker
¥3,300 (2020/11/24 21:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

音楽理論ってよくわからない、難しい。

 

始めた楽器。

自分の場合はギターだった。

 

特に独学だと。

どうやったらうまくなる、上達するのだろう?壁にあたる。

楽器の演奏を上達する答えは。

もしかしたら音楽理論、理論を勉強すればいいのでは!

 

ジャズ。

例えば、マイルスデイヴィスは。

理論がわかっていた上での楽曲の制作、演奏。

 

それにも憧れ。

だから自分も過去に、その音楽理論を勉強しようと。

楽典とか、その他の本を以前読んだことがある。

でも、それが理解できていない、身についていない。

ということは。

理論を学ぶこと、本を読み進めることを途中で挫折した。

やはり難しい。

 

音楽は趣味、遊びだから。

 

必ずしも理論がわかっているからといって。

いい音楽が作れる、演奏ができるわけではない。

音楽理論を学ぶことを挫折した言い訳としては、こんな感じ。

本気ではなかったから。

とりあえずは遊び、趣味だからいいのだけど。

 

やはり、音楽理論はある程度。

理解、勉強したい欲は継続、気にはしている。

現在楽器は、ほとんど演奏、触ってもいないのだけど。

 

そんな中、発売情報が流れてきた。

スティーブヴァイが書いた音楽理論の本。

「ヴァイデオロジー ギタリストのための初級音楽理論 」

 

created by Rinker
¥3,300 (2020/11/24 21:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

スティーブヴァイは、個人的な憧れのギターリストではないけど。

アルバムの「スカイスクレイパー」

 

created by Rinker
¥4,096 (2020/11/24 21:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

高校生のときに聞いた元ヴァン・ヘイレンのデイヴィッドリーロスのアルバム。

ギターは、確かスティーブヴァイ。

ヒットした曲、「just like paradise」は。

キャッチーだし、ギターのハーモニックスが印象的です。

広告