売れ残りのパクチーをモリモリ食べる。

広告



売れ残りのパクチーをモリモリ食べる。

 

パクチーをこんなに一気に食べるのは人生初です。

 

カメムシのにおい、味といわれて。

嫌いな人と好きな人で好みが極端にわかれるパクチー。

カメムシのにおい?

 

畑にいるカメムシの匂いをかいで。

におい比べをしてはいるけど。

「パクチーとカメムシ」これらの共通点がまだよくわからない。

 

パクチー。自分は好き派。

 

パクチーを食べた経験は、そこまでなく。

タイ料理屋さんで少し入っているのを。

特に違和感なく食べていた。

わざわさお店で買って食べるほどパクチー好きでもない。

 

そして、自身でのパクチー栽培。

過去数年間失敗していたので。

食べる機会も今までなかった。

 

売れ残りのパクチーを食べてみる。

 

今まで失敗していたパクチー栽培。

苦手だったパクチーの栽培。現在こんな感じ。

売れるくらいの大きさまで成長、なんとか販売できる程度の量が採れて。

近所の直売所に少し出荷。

 

他に出荷している人がいないからなのか?

パクチー好き、もしくは、珍しいものが好きな人にとっては。

ヒットする、たまに売れるコアなファン向けの商品。

バカ売れはしないけど。

売る商品のレパートリーとしてはあっていい。

 

でも、売れ残る。

 

パクチーのサラダ。肝心の味ですが。

 

売れ残りのパクチー。

見た目は、それほど劣化はしていない。

捨てるのももったいないから食べてみる。

 

これほどの量のパクチーを一度に食べたのは初めて。

パクチーのサラダ。

 

 

炒めた牛肉、ナスと一緒に生のパクチー。

少ししんなりしたところを食べる。

 

そこまできつい、主張した味ではないけど。

これはバクバク大量に食べるものでもない野菜。

アクセントとして食べる、ハーブ、薬味、香味野菜。

 

パクチーは、セリ科。

だから、人参の葉っぱ、三つ葉にも似た味。

柑橘系の香り。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。