軽トラックの異音が解決。原因がわかる。

広告



軽トラックの異音。原因がわかり解決しました。

 

このクルマに異音が発生した原因は。

イノシシの掘った穴にハマって動けなくなったから。

この穴から脱出してからの異音発生。

 

完全な思い込みでした。

 

異音は助手席側の前方から。

クルマの下部、どこか回転する部分に。

草が絡まったせい、もしくは、土が付着したから、だと思っていた。

 

回転部分であろう箇所を。

横から、下から覗いてみたり。

でも異常は発見できなかった。

 

草が絡まっているだけなら。

時間が経てば、距離を乗れば。

乾燥した草は枯れ落ちて、クルマの異音は自然になおるだろう。

 

そして、数日が経過。

 

ハンドルと切ると音がしない。

 

異常のある車で走るのは怖いけど。

少し距離を乗ってみて感じたこと。

ハンドルと切ると音がしない。

 

だから再度、重点的に。

タイヤの部分、内側を下から覗いても何もない。

でもこれは、あきらかに回転系がおかしい。

 

なんでだろう?

わからないので、自分での解決は半分諦めて。

なんとなく広い場所から俯瞰してみると。

 

外見、外観の異常を発見。

 

 

写真を撮る前に直してしまったけど。

異音は、この泥除けが前方に曲がっていたから。

泥除けが、タイヤに接触、こすっていた。

 

 

このせいでタイヤがすり減ってしまったかも。

でも、大したことがなくてよかった。

 

泥除けが前方に曲がっているということは。

バックで。

穴に落ちた時に力が加わったのが理由。

 

穴から脱出をしようと、何度もこの箇所を目にしていたはずなのに。

それすら見えていなかった。

 

焦りと思い込みが盲目的に作用する。

おかしい原因を決めつけないで観察していれば。

もっと早く解決できた。

 

冷静に考える、頭を冷やす、時間を置くというのも。

問題解決には有効らしい。

広告



1 個のコメント