ルッコラのリーフ。収穫サイズになりました。いい包装資材がないか?探している。

広告



リーフが収穫サイズに育ったルッコラ。

 

 

ウチでは、株ごとの収穫ではなく。

外の育った葉っぱから収穫。

 

葉っぱのサイズが15センチほど。

そろそろ収穫できる状態。

 

葉物、リーフの包装資材を探してる。

 

ちぎった葉物、リーフは傷みやすいのが問題。

鮮度はよくても、すぐ商品としてダメになる。

 

ホームセンターなどで一般的に売っている野菜包装用のビニール。

 

 

野菜を入れるには最適な大きさ。

曇りは抑えられる防曇、ボードン袋。

販売するには見た目、そして。

これで鮮度も維持できる、と思っていたのだけど。

 

ドライトマトのパッケージング。ラミグリップを使ってテストした結果。

ビニールには色々な特性があることに、最近気づく。

 

葉物のリーフをパッケージングする包装資材は何がいいのか?

 

傷みやすい葉物のリーフをパッケージングする包装資材。

ネットで探していると各社、様々な製品があり。

サンプル品で試すことはできる。

 

ただ、業務用。

購入する場合、数量、単位が大きいし。

値段がわからない、伏せてあるメーカーも多い。

比較がうまくできないのが現状。

 

個人的には、ゴミになるので包装資材は無駄だと思っているけど。

 

こういった包装資材自体のままで、調理器具。

鍋など調理器具を使わず。

例えば電子レンジで調理ができる包装資材まである。

 

個人的には、包装資材は無駄。

ゴミになるので環境にも悪いと思っている派ですが。

売る側、農家が気づいていない新しい素材の資材を使わない手はない。

 

物を売る立場からすると。

品質を保持、見た目も向上できる便利な物。

野菜以外の付加価値もつけることができる。

 

そして、買ってくれるお客さんにも簡単に調理、食べることができるメリット。

忙しい人や、これからの時代。

高齢化で、確実に孤食は増える。

簡単に、時短で。

美味しいものを口にすることができるようにはしたい。

広告