「令和元年度狩猟者登録申請用紙」が届き。そして、畑ではイノシシのよくわからない行動パターン。

広告



令和元年度狩猟者登録申請用紙が届きました。

 

茨城県の狩猟期間の開始日は、11月15日。

 

取得している免許は罠。

罠の免許、狩猟者登録税を含む費用は、3万円弱。

自分個人は、低額。

低所得者なので多少の割引。

令和元年狩猟者登録申請用紙が届き、今月支払いをしなければいけない。

いまだに趣味として、簡単に支払える額ではない。

 

今年3年期間の免許は更新。

昨年、初めて実践。

だから個人で実際に罠をかけるのは今年が2回目。

 

趣味というよりは、畑を守るための狩猟。

 

昨年購入した罠。

 

 

 

4丁買って、もう2つのワイヤーは使えないのは。

獲物がかかってねじれてしまったから。

もう強度不足。

ワイヤーは消耗品だから仕方がない。

 

くくりわなは、長期的に考えれば。

材料を買って自作した方が安いらしい。

 

今シーズンは、ワイヤーと、それを切る、かしめる道具くらいは、欲しいのだけど。

狩猟、有害駆除以外、そのほかに畑を作るためにやらなければいけないこと。

お金を使う必要がある。

 

部品を買って自作するか?

完成したくくりわなを再度購入するか?は。

お財布と相談、他の条件を含め。

もう少し考えてから。決めることにする。

 

イノシシのこの行動は?何の習性なのだろうか?

 

ワイヤーメッシュで囲った獣害対策をした畑にも。

どこからか?侵入経路はわからず。

畑に侵入されている。

 

そして別のこの畑では。

 

 

右側は水路。

水路に沿って数十メートルがこの状態。

水の流れる方向に土を、浅く軽く掘り起こされている。

何かの習性?

 

足跡は、子供ではないサイズ。

単独っぽいからオスなのかな?

 

トタンの防護策は、簡単に破られる。

 

侵入経路はトタンの下から。

トタンは、簡単にブチ抜かれ。

そこを補強したら、また別のところから侵入されている。

 

そして、お帰りはこちら。

 

 

畑から下まで、2メートルほどある川。

侵入されることを予測。

出ることは想定していなかったので。

侵入防止、強度不足のトタンが剥がされた。

 

なお、このイノシシは。

川、水を渡って来て帰っている。

 

さすがに冬場はイノシシも。

冷たい川は渡らないはず。

 

それまでに。

このイノシシの捕獲。

畑、作物の被害がなければいいのだけど。

作物は、すでに踏まれている。

広告