(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センターへ行ってきた。

広告



(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センターへ行ってきた。

 

 

水戸保健所でもらった、(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センターへの地図。

 

 

加工品の賞味期限の設定。科学的な根拠を得るために検査機関へ。

 

保健所への届け出が受理された乾燥野菜、冷凍野菜の加工販売。

加工品の賞味期限をどう設定するか?

科学的な根拠を得るために検査機関へ。

 

そこが、(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センター。

 

(財)茨城県薬剤師会公衆衛生検査センター, 茨城県

 

最初に立ち寄った水戸保健所から2キロ弱。

 

17時を少し過ぎた時間帯。

会社が終わる時間、県庁も近い場所だからか?

茨城県で初めての渋滞に巻き込まれる。

とはいっても都内の渋滞とは何か違う。

 

もう終わってしまったのでは?

少しの不安で窓口に。

 

想像していた通り、検査料は高い。

 

まだやっていた窓口。

「乾燥野菜と、冷凍野菜。加工品の検査についての相談」と話をして。

担当者を待つ。

 

白衣を着た人が歩いている建物。

なるほど、見た目は、検査機関。

 

相談にのってもらった方も、もちろん検査服で登場。

 

今回検査依頼をするつもりの乾燥野菜と、冷凍野菜。

加工食品の賞味期限設定について相談にのってもらう。

 

窓口で話した相談内容に関する資料は、持参。

ページもすでに開いて、準備をしている。

 

加工から、想定する食べるまで。

いくつかあるパターンを説明。

 

窓口から担当者へ連絡。

そして数分後の対面で。

質問からの答えがスムーズ。

なんだ?このプロ組織。

おまけに対応も、柔軟で、堅苦しくない。

 

ただ、肝心の検査内容、金額。

細菌、大腸菌、大腸菌群の検査。

検査に必要な物量。

乾燥させた野菜となると。

その量を準備するのも割とダメージ。

個人では、金額もかなりの負担。

 

個人では、費用の問題、全商品の検査はできない。

 

すべての検査は費用がかかるので。

いろいろな方法をも提案してもらえた。

 

その方法の中では。

販売を想定したパッケージングでウチで保存。

数ヶ月後に、持ち込むのが現実的。

その時点で検査結果がどう出るか?

 

とりあえずのウチの商品は乾物。

そこまで菌が繁殖するような品物ではないはず。

一番水分が残りそう、菌が繁殖しそうな品物だけ。

サンプリングで保存しておく。

 

広告