軽トラックのストップランプが切れたので交換をする。

広告



軽トラックのストップランプの交換。

 

ストップランプが切れていました。

 

運転席からは、左後方のランプが切れていることは確認しづらい。

街中を走れば、停車時に。

後方の車への反射で気づくかもしれない。

でも、ここは反射するものがない田舎の道。

 

そして、普段暗くなる時間帯には、軽トラックにほとんど乗っていない。

だから、ランプ切れには全く気づかなかった。

「近所の人がランプ切れてるよ。」

 

難しかったのは、適応のランプ選定。

 

車検証の車の型番からランプを選定。

ホームセンターで適応表を見ても。

ピッタリ合う車の型番がない。

 

調べると、適応表の型番は、ざっくり。

車のタイプがまとまっていて幅がある。

 

車の年式で表を見ても。

ネットで型番を入れても。

ウチの軽トラックのストップランプは、これに間違いない。

 

 

ウチの軽トラックは、平成6年式スバルのサンバー。

 

車種によっては、簡単ランプ交換ができるらしい。

でもウチの軽トラックは、旧式。

車体にも止まっているプラスのネジを4か所外すことにより。

赤とオレンジのプレートがはずれて。

ランプとソケットが現れる。

 

電球、ランプをソケットから外す方法は。

左回転して引っ張る。

この仕組みがわかるまで数分間。

少し手間取る。

 

家庭の電球とは違って、クルクル回す脱着方法ではない。

クルクル方式だと車の場合は、振動で緩んでしまうのだろう。

 

交換作業、時間は10分弱。

 

ストップランプの交換作業時間は10分弱。

ランプの点灯確認は、スマホの動画で撮影。

かかった費用は、電球代として、400円程度でした。

 

ヘッドライトがつかなくなったマツダのアクセラスポーツ。

 

この複雑な車とは違って。

軽トラのランプの交換くらいの作業なら自分でできる。

広告