「ストーカーとの七〇〇日戦争」一気読みで読了。

広告



「ストーカーとの七〇〇日戦争」読み終わりました。

 

個人的には、ストーカーなど犯罪に巻き込まれたなどの理由で。

この本を手にとったわけではなく。

 

(ウチにはもういないけど)ヤギ飼いであること。

田舎暮らし、移住者、狩猟者(罠と銃猟の違いはある)の共通点。

特にその当時、情報の少なかったヤギの飼育方法について、参考、勉強したい。

だから、以前から著者の文章、本を読んでいた。

 

でも、なんとなくSNS上で露出が少ない、減ったな、と感じていたのは。

ストーカー被害という事情があったからか。

「ストーカーとの七〇〇日戦争」本を買いました。

 

created by Rinker
文藝春秋
¥1,650 (2020/10/22 00:51:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

「ストーカーとの七〇〇日戦争」文章的には、読んでいて面白い。

 

文章的には、いつも通り読みやすく、引き込まれる。

でも、内容的には、途中から読み終わるまで、スカッとしない。

今回の場合では、犯罪の被害者が平穏に暮らすため、戦う相手は、本来加害者。

でも、罪のないはずの被害者が、別のところとも戦わなければいけない。

感情で組織は動かないとしても。

被害者救済の仕組みにはなっていない社会。

 

一般の人が未知なものと戦うことになる。

 

普通の人が、ストーカー被害もしくは別の犯罪被害にあったとしても。

この本の著者のように自らで本当に助けてくれる、頼れる可能性の相手。

メンタルのケアもしてくれる相談所、相談者を見つけることができる人。

ましてや、公に向けて声をあげることができる人は、ほとんどいない。

犯罪に巻き込まれると一般の人が、未知なものと戦うことになる。

 

著者のストーカー被害の大変な体験から。

現在、ストーカーのトラブルになりそうな人たちへ。

問題が大きくならないように対処法も。

 

被害にあっていて混乱していた時期なはずなのに。

単なる記録ではなく、本。

読み物として面白い。

 

とはいえ、

社会の実情、社会のマイナス面が見えたようで。

読書の中盤から読後まで、気分はどんより感。

 

created by Rinker
文藝春秋
¥1,650 (2020/10/22 00:51:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

気分的にも面白いのは、こっちの本。

 

created by Rinker
¥543 (2020/10/22 00:51:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告