「ストーカーとの七〇〇日戦争」本を買いました。

広告



「ストーカーとの七〇〇日戦争」本を購入。

 

created by Rinker
文藝春秋
¥1,345 (2021/06/13 02:04:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

本の著者は、内澤旬子さん。

 

最初に読んだ内澤旬子さんの本は、世界屠畜紀行。

 

created by Rinker
KADOKAWA
¥968 (2021/06/13 02:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

その後、出版されている数冊を読んだ。

 

読んでビックリ!知っている人が登場した「飼い喰い」。

 

 

created by Rinker
¥1,058 (2021/06/13 02:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

一番のお気に入りは、この「飼い喰い」。

知っている人が出てきたということよりも行動力プラス。

いつもの文章の面白さ。

 

それに加え。

日本国内の食肉処理における徹底管理。

知らないことだらけで、勉強になる。

 

「ストーカーとの七〇〇日戦争」本を購入。

 

今回入手した「ストーカーとの七〇〇日戦争」。

交際していた相手がストーカーに豹変するという。

ストーカー被害の実体験。

 

個人的には、ストーカーには関わり。

社会的な犯罪の実録には興味はないのだけど。

 

ネットで公開されていた、この本の冒頭の数章。

これを読んで引き込まれた。

続きが気になって。

 

created by Rinker
文藝春秋
¥1,345 (2021/06/13 02:04:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

自分は、本に限らず芸術作品。

特に音楽のマニアではあるらしい。

でもそれは、作家、人への傾倒ではなくて。

あくまで「作品に対して」です。

広告