ホップが一応伸びてきた。

広告



ホップが復活してきました。

 

タネをまいて、苗を植えたホップ。

 

植えたのは、確か3年ほど前。

数粒のタネをまいて、植えた苗は2本。

そして、この2本が結果的に、生き残っている。

 

上部は、冬場に枯れて、暖かくなると、復活する。

茎や葉っぱは復活するけど。

 

 

収穫目的のいわゆるホップ。

毬花は出てこない。

 

一応生きているとはいっても、年々大きくなる。

成長しているとはという感じではない。

茎や葉っぱも勢いがあるわけではなく、小さくて細い。

現状、作物栽培としては、失敗。

 

ビールを作るのは、保留。

 

ホップの栽培もうまくいかず。

ビールの主原料である大麦の栽培も自信がない。

 

ただし、ビールは大麦ではなくても。

お米や小麦からも作れるのだけど。

 

とりあえず、原材料のメインの二つの栽培には、まだ確信、自信がないため。

ビールの原料栽培からのオリジナルビールへの道は保留。

 

機会があれば、違う品種のホップも。

いずれ、試験栽培できれば。

まずは、現物を見たことがないホップ。

毬花というのをみて食べたい。

ホップの毬花の天ぷらは、美味しいらしい。

広告