自然栽培のインゲンそろそろ収穫。やはり育てやすい作物。

広告



自然栽培のインゲンが収穫、販売できそうです。

 

 

2019年のインゲン栽培。

自然栽培のこの品種は、島インゲン。

現在15センチほどの長さ。

販売するには、もう少し成長させた方がいい。

とりあえず味見用で収穫。

 

インゲンは、大きすぎないほうがスジがなく食べやすい。

 

インゲンは、採れ始め、収穫初期。

大きすぎないほうがスジがなく食べやすい。

 

売る側としては。

ある程度の大きさに育てて。

見た目の量があるほうが、商品として作りやすい。

 

そして、買う側としても。

商品の見た目と、量のバランスは大切。

 

個人的には、歯に当たるとキュッとなる。

食感が苦手なインゲンでしたが。

自分で栽培してみると、違う食べ物だということがわかる。

 

そして、インゲンに限らず。

もしかしたら野菜、作物、食べ物全般は印象操作。

本当に美味しい大きさや、タイミングで口にできる人は。

ほとんどいないのかもしれない。

 

昨年の予想通りインゲンは、栽培容易。

 

他のマメ科の作物。

枝豆や、落花生などよりも、インゲンは栽培が容易。

栽培するにあたって、敵が少ないのと。

技術的な面でも、インゲン豆の栽培。ベランダなどでの家庭菜園に向いているかもね。

 

今シーズンの栽培では、支柱も十分に用意はできず。

おまけに、草管理もうまくいっていない。

だから、背の高い草にうもれてしまっているけど。

その背の高い生えている草を、支柱の代わり、代用ということにしての栽培にしてみた。

 

なお、畑に草が生えているのを嫌う人は多い。

目指しているのは、放任ではない共存共栄。

この放任ではない共存共栄、理想の栽培にどれだけ近づけるか?がテーマの一つ。

広告