本のレビュー。「直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家」

広告



「直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家」読みました。

created by Rinker
¥1,650 (2020/03/30 18:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本の著者、農家さんがメインで栽培するのは、メロン。

ウチが栽培する野菜と、単価が全然違う。

ウチが野菜の販売で1億円を売り上げたいと考えたのではなく。

直販、通販でそこまでの売上を成功させたのか?

 

 

ウチの野菜。直売に近い形態で野菜を販売することを考えている。

 

野菜の栽培、生産するまでのここまでの道のり。

やっと、栽培が開始できる状態になってきた段階。

ハードが揃うまでに、数年かかった。

そして、販売できる作物が畑に。

 

これらの商品をどう売るか?

販売、売ることを本格的に考える時期。

作物を栽培、生産することから少し軸を、販売へシフト。

商品を作って喜ぶのは趣味。

売らなければ、農家ではない。

 

商売繁盛の秘訣は。お客さんが喜ぶことを考える、実践すること。

 

この本「直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家」を読むと。

お客さん目線で物事を考えて、段階的に行動している。

商品が良いことは前提条件。

 

読んだ数冊。マーケティングを学ぶ。

 

読んでいてちょっと時代が古いかな?と感じたのは。

平成27年に初版が発行された本だからでしょう。

 

時代背景は少し変化したとしても。

根本的には、商品を売る側の姿勢。

本質は変わっていない。

 

思っていたことが具体的な言葉、文字として響くところもあり。

今、自分が実際にやるべきことや、少しでもできることのヒントも得た。

 

商売の業種が農業、販売するものが農作物に限らず。

そして、実店舗か、ネット販売であろうが。

売れるお店、繁盛するには理由がある。

 

created by Rinker
¥1,650 (2020/03/30 18:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。