えんぴつなす。そろそろ定植ができる大きさになりました。

広告



えんぴつナスの自然栽培。

 

タネをまいた時期が2週間も違うのに、同じサイズの苗になる。

 

4月7日にタネをまいた苗。

 

 

そして、その2週間ほど後。

4月22日にタネをまいた苗。

 

 

ほとんど見分けがつかないくらい同じようなサイズ。

本場の3枚目が出始めました。

 

適切な時期、温度なら生育が早い?

 

同じ大きさなのは、どういうことなのでしょう?

2週間の期間を埋める生育の度合い。

寒い時期に無理して種まきや、育苗をしなくても。

もしかしたらいいのかもしれない。

 

それぞれの違いは、時期、気温と。

タネをまく密度と育苗の箱。

土の深さ、違いが影響しているのかな?

 

畑に植える、定植する時期。

 

本葉3枚程度のこのサイズのナスの苗。

苗、葉っぱの見た目は小さくても。

根っこのポットの中で伸びている。

そろそろ、畑に植える、定植する時期。

 

市販の苗と比べると。

売り物にならないくらい小さい。

でも、この程度のサイズで定植。

 

去年のえんぴつナス栽培。

購入先は、野口種苗研究所さん。固定種の種。

 

判断がまだできなていない。

 

今シーズンの問題。

植える畑の準備ができていないということ。

強い草が取りきれない。

 

その畑は入り口が一ヶ所。

使いずらい形。

一度はハンマーナイフで草刈り、粉砕とトラクターで耕起。

場所によって水分量、土質も違う。

きている可能性のあるイノシシの対策もできていない。

 

細かく区域を分けて、

どうやって使うか。

どこに何を植えるか?

 

再び生えてきた強い草。

トラクターで耕起するのは見た目的、作業的には簡単だけど。

せっかく浮いている土、草。

重量物のトラクターは入れたくない。

とはいえ、人力で草を取り除くのは不可能なくらい広い。

 

どうするかの判断がまだできないのに。

植え付け時期の苗。

 

野菜の栽培は、経験による確信、もしくは確信に近い予測に基づいて結果が出る。

 

野菜の栽培は経験上。

適当にやって簡単にできるものではない。

実践、経験による確信、もしくは確信に近い予測に基づいて結果が出る。

 

今の畑の状態だと、せっかくの苗は。

植えても育たない、収穫はできない。

どうするかの判断。

それどころか、その候補、アイディアも浮かんでいない。

 

ナスの栽培に支柱は使わない。

 

なお、ナスの栽培に支柱は使わない。

いらないのでは?と数年間思っている。

今シーズンは、剪定によって自立させるつもりでいる。

広告