畑に新たなイノシシの足跡を発見。そしてその数分後、イノシシが目の前を横切る。

広告



葉ネギの畑に新たなイノシシの足跡。

 

今日の畑作業の締め。

葉ネギのネギ坊主を切ること。

ハサミで切ります。

 

 

大きいものなので、ある程度暗くなってからできる作業。

 

ネギ坊主は、ネギのタネ。

 

数日前からだいぶ目立ってきたネギ坊主。

ネギ坊主は、ネギのタネ。

 

 

株が弱るので、取り除かなくては、切らなくてはいけない。

 

切った後は醤油のお風呂。

 

 

万能の醤油ダレができます。

葉ネギの醤油ダレ。作り方は簡単。

 

作業を終える最後の葉ネギが、イノシシに踏まれて倒れている。

 

ネギが踏まれているのを見つけた時点。

すでに暗い、19時ちょっと前。

 

都会とは違い、19時で真っ暗。

 

この葉ネギが植えてある場所は面積が小さく。

防護柵は設置していない。

だから、イノシシが来ても被害が少ないであろうネギを植えた。

 

この足跡を見てちょっと怖さ、身の危険を感じる。

わりとでかい足跡。

もしかしたら昨日見た足跡と同一個体?

里芋を植えようとしていた新しい畑。そこに怪しい足跡が!

 

ネギ坊主を切る作業はちょうど終わり。

急いで車に乗る。

 

こんな時間にどこ行くの?

 

車で数メートル走ると。

目の前を3頭のイノシシが横切る。

見えたのは子供、20キロくらいか。

多分その前に親がいたはず。

 

暗くなってから、そんな時間からどこへ行くのだろう。

向かった方向は山。

 

 

子供だから、呑みに行くのではないよね。

行き先は、山のファミレスかな。

広告