茨城県の罠猟の狩猟期間は3月末まで。一足先に今日で罠を撤収シーズンを終えました。

広告



茨城県は3月末までが罠猟の狩猟期間。

 

狩猟期間は、あと残り数日。

昨年11月15日から始まった狩猟期間。

数日の残りはありますが。

個人的には、本日、罠を撤収。

初の狩猟シーズンを終えました。

 

くくり罠でのイノシシ捕獲に、まぐれはない。

 

ギリギリまで、くくり罠を設置しておくことはできますが。

見回りの問題、個人的な都合と最近のイノシシの状況。

罠を設置しているルートには、もうイノシシは来ておらず。

近くにいる気配がなんとなくする、としても確信はない。

 

別の場所を探して、くくり罠を移設。

設置することも考えていたけど。

ルートがよめない。

わからない。

 

数年越し念願のくくり罠、狩猟の実践。

 

実践、体験、経験できたことが何よりの勉強。

くくりわな猟。初めてかかったイノシシは、推定80キロ。

イノシシの獣害から自分の畑を守る、というまず第一の目的は、ひとまず達成。

シーズンを無事終えられたことだけではなく。

捕獲の実績を得られたことは、出来過ぎ。

 

面白かったというよりも負担が大きい。

 

初の狩猟シーズンを終えた感想。

総括すると。

趣味としての楽しさよりも負担。

狩猟とは、趣味の範疇。でも、趣味とはいっても遊び感覚ではできない。

作業、仕事が一区切りついた安心感。

 

そして、狩猟期間が終わり。

田畑、作物の栽培が始まるこれからの季節。

一般狩猟者にはもう手を出せない獣害。

対策が必要とする季節がやってくる。

 

実際の捕獲はできないとしても。

来期の狩猟期間に向けてイメージトレーニング。

近隣のイノシシの獣害。

動向、情報、状況は出来るだけ把握しておく。

 

広告