狩猟とは、趣味の範疇。でも、趣味とはいっても遊び感覚ではできない。

広告



遊びではない趣味が、狩猟です。

 

イノシシや、そのほかの獣害で困っている地域。

 

テレビやその他の情報。

この件に関しては、大げさではなく。

 

田舎は、人間よりも大きい動物。

イノシシが普通に出没、いる状況。

車で走っていると、道路にもいるので、走行注意。

 

いるだけならまだしも。

畑や田んぼだけではなく、家の敷地内をも荒らす。

万一遭遇すれば襲ってくる可能性もある。

 

人間が戦って勝てる相手ではないそれらの動物を捕獲、駆除するには、法律上。

基本的には、狩猟免許が必要。

期間も決まっている。

 

自分もそう思っていた「獲って食べればいい。」

 

自分が、この田舎の地域に来る前、都会で生活していた頃。

実経験をしていない外から見る田舎の実情、現実。

獣害で困っているのなら。

「獲って食べればいい。」

 

この考えは、安易でした。

 

 

つい数日前、「獲って食べればいい。やってみたい。」

そう話している人がいた。

自分が狩猟をしていること(その時点では捕獲ゼロ)。

これも含めて、あえて何もいいませんでした。

やってみたい!という興味を妨げるべきではないし。

 

でも、実情。

免許、捕獲の技術、その後の処理。

それらにかける時間など。

そんなに狩猟は、簡単なことではない趣味。

 

あの緊迫した現場。

 

初めて罠にかかったイノシシを見て、よけいに思い知らされた。

くくりわな猟。初めてかかったイノシシは、推定80キロ。

 

もうどうせ罠にはかかっていないだろう。

気を抜いて立ち寄った現場で一瞬動いた獣の気配。

チラッと見ただけ感覚。

近くに行くと危ない。

「ヤバイ、デカイ。」

すぐに車に退避、逃げた。

 

銃での止めさしを依頼。

 

まず、退避した車の中で考えたのは。

状況を見誤った可能性。

初の獲物で興奮、イノシシがかかっているのをみて。

本当は小さいのにビビったのかも。

でも、現場を再確認しに行くのはとりあえず危険。

安全を優先。

 

ビビって情報錯誤の可能性があることは置いておいて。

自分一人で止め刺しは、まず無理。

銃の止め刺しをお願いする。

 

銃での止めさしは、緊迫した現場。

 

くくり罠にイノシシがかかっている状況。

記録としては、写真や動画を残したかったけど。

なめてかかる現場ではない。

それをやっていたら。

自分の命と交換している可能性もある。

 

 

キバ。

 

これが狩猟。

 

全く歯が立たなかった。

 

銃で撃ってもらって、止め刺し。

 

とどめ、血抜きは、自分の役目。

ここで、いつも使っている包丁(家庭用)。

研いで、解体や精肉に使っている包丁が。

曲がって入らない。

 

あの巨大なサイズの獣には、今までの経験が。

全く歯が立たない毛皮の鎧、防御。

安易に近寄らなくてよかった。

 

捕獲してから1日経ち。冷静になって改めて、狩猟の先輩、先生と話。

 

殺傷能力のある銃。

ライフルの弾、一発いくらだか知ってる?

弾の値段、金額を聞いたけど。

一発XXX円。

「そんなに高いんですか!」

現場までわざわざ来てもらって、自費の弾。

頼んでちょっと後悔、びっくり。

 

そして、お金の問題だけではなく。

殺傷能力の銃を使うということの真剣さ。

 

とはいっても、アレを止め刺しできるのは、銃のみ。

手では無理。

 

次のテーマは、自身での止め刺し。

まずは、専用のナイフは所持する必要。

銃は、できれば持ちたくはないとしても、テーマのひとつ。

 

改めて現場を見に行く。

 

 

どういう状況で罠にかかったのか?

そして、見つからなかった罠の道具の一部を探しに現場へ。

 

道具は見つかった。

 

 

しかし、かかった状況は想像できないくらい現場はメチャクチャ。

 

くくり罠にかけたという結果は、最高。大きな成果。

 

いろいろアドバイスをいただいての、初捕獲。

エサで誘き寄せる作戦もやめて。

単純に通り道。

脚をつくであろう20センチの円形の範囲。

狙って獲った。

 

初の獲物に嬉しさや、驕り。

動物愛護の気持ち、憎しみなど、感情は全くない。

罠はかけてかかったけど、止め刺しをできない現状では。

自分が撮ったという実感もない。

感じたのは、「勉強が足りない」という反省のみです。

 

でも、1頭かけたという実績は最高、大きい。

 

防護と捕獲である獣害対策は、成功。

まずは、畑を自衛したという結果。

 

今まで4年間、手を出せなかった獣害対策。

自分の畑だけでなく、広域、近隣の被害も軽減する可能性。

少し地域貢献ができたかな。

 

そして、この実績は偶然だとしても。

免許を持っている人から。

「80キロのイノシシを獲った人」

地域の人たちの認識、情報がアップデートされるはず。

 

田舎での、信用度や、顔を売るチャンス。

そのための目に見える実績が欲しかった。

 

そして、農業は作物を育てるだけではない。

お百姓さん。

地域、環境保全や、そのほかの活動が全て仕事。

その認識を体現。

この意味でも、大きな結果を得た。

 

狩猟を体験したい人は城里町。

 

やりたくなくてもやらざるを得ない有害駆除。

自分が普通に狩猟を始められたのは、狩猟鳥獣やフィールドだけではなく。

偶然、先輩や先生がいた。

 

何も知らずに来た茨城県城里町。

恵まれた環境、正解。

ここには狩猟新米の私と、ベテランの先生たちがいます。

 

 

広告