畑を防護柵で囲むイノシシ対策をしたはずが!簡単にやぶられ侵入される。

広告



畑のイノシシ被害対策として、ワイヤーメッシュで防護柵を設置。

 

 

ワイヤーメッシュの柵。イノシシが畑に侵入する防護対策。

 

ワイヤーメッシュは、本来は建築資材。

サイズがちょうどいいからなのか?

畑にイノシシの侵入を防ぐ対策としても使われている。

 

ウチもやっと、この防護柵を設置。

獣害の防護対策ができた。

 

ワイヤーメッシュ。イノシシ対策の防護柵を設置。

設置する際は注意!ワイヤーメッシュには裏と表がある。

 

ワイヤーメッシュそれ自体や、設置方法、強度的。

それぞれ不安はあった。

 

でも、まずは、柵などで囲ってある場所なら。

わざわざ入ってこない、よけて歩く、効果があるのでは?

 

そして、設置に関しては、柵の上から飛び越えられることより。

下から潜られる可能性。

柵の下、土を掘られたら簡単に侵入される、壊されるだろう。

 

何で開いてるの?

 

 

あれっ?

支柱に番線、針金で止めていたはずの柵。

なぜか開いている。

通路として開けておいたんだっけ?

 

よく見ると。

 

切れた針金が落ちていて。

 

 

支柱も押された様子。

 

 

ワイヤーメッシュが曲がって、へこんで、土が付いている。

 

 

そしてイノシシの足跡。

完全に柵を突破された。

それもそこまで力を使った、苦労した感じではなく。

 

 

イノシシが崩したここから登ってくる通常ルート。

だけど、さすがに柵で囲ってあればよけて歩くだろう。

 

そうだといいなという人間、自分の都合のいい考え方は、やはり甘かった。

 

イノシシが通常歩くルートであること。

そしてここは、借りたばかりの畑。

使っていた支柱が既存の資材。

たまたま少し短い支柱。

少しのマイナス面が重なった結果、柵を突破された。

とはいえ、ここまで簡単に入られるとは。

 

作物栽培の本格シーズン前でよかった。

 

イノシシ対策のテスト。

相手は手加減のない動物。

栽培の本格シーズン前でよかった。

畑を囲えば、獣害対策。

これで「畑を柵で囲めば安心ではない」ことを実感した。

 

「おかのー。」

 

本当の獣害、イノシシ対策は「防護と捕獲。」

捕獲対策の結果。

罠での狩猟は、相変わらず枠。

 

枠を踏まれた罠は、こんな感じ。

 

 

「おかのー。」

 

山にいるのと、今回畑に侵入した個体は、足跡の大きさは似ている。

同じイノシシなのか?

山では気づかなかった、わからなかったチビッコイノシシの足跡が畑にあるのを見ると。

予想以上に数匹が、ウロウロしているのかもしれない。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。