梅の木の剪定の実践。造園業の仕事を見るチャンス。勉強してきました。

広告



常陸大宮市にある梅の木、剪定しました。

 

毎日が、大人の社会科見学。

 

 

これは造園業、本業の人の仕事。

 

仕事場に入ると。

怒られるのかと思った。

 

梅がメインの数十本の樹木。ゆくゆくは、個人管理で面倒を見ることになる予定。

 

今日、造園業の人が剪定にくるというので。

ゆくゆくは、ひとりで管理する予定の常陸大宮市。

梅がメインで樹木の植えてある畑へ行ってきました。

 

庭師、造園業の人がどういう風に木を切るのか?

 

庭師のひとが、剪定の考え方や、その実作業を見てみたかった。

だから、この剪定にくる日を狙って、教えてもらって2回目、畑へ訪問。

本業の人の仕事は見たかったのだけど。

自分が完全に剪定、畑の管理をするとなると。

その人たちの仕事を奪うことになる可能性。

 

こっそり、邪魔にならないように。

そして、「気まずい感じ」にならないようにしよう。

だから、遅い時間に訪問。

何かあったら、逃げて帰る作戦。

 

現地に到着。実際に会うと!

 

家族、親子でやっている会社。

会って挨拶をすると、普通どころか親切。

こわくない。

それどころか、協力的。

聞くと実作業も、教えてくれる。

 

仕事を見て盗み、そして。

数本の木は、参考に自分で剪定した。

 

実を採りやすいように管理されている。

 

すでに、数年前から管理されている畑。

実を採りやすいようにメンテナンスされてある。

木は仕立ててある。

 

だから、自分がこの畑の木を管理する作業は。

あばれている枝を落とすこと。

これなら、ひとりでもできる。

 

異業種の人と共同作業、交流は、勉強になる。

 

農業と造園業は、生き物を育てる共通点。

本質的には、それほど遠くはない業種なのかもしれない。

でも、その実作業を見ると、技術の蓄積、専門性。

絶対にかなわない。

 

ここの畑の梅と、ゆず。

売れてお金が循環できるなら、自分が剪定の実作業はせずに。

この業者さんに作業をお願いしたい。

 

技術の継承が目的。

 

そハシゴがなんと、アルミなどの購入品ではなくて手作り。

「杉と竹」でできている自家製のハシゴを使っているのにもビックリ。

「この手作りで3年くらいは使える」ということ。

すごいな。

 

本当は撮りたいそのハシゴの写真。

 

それよりも、手作業の技術の継承をしたい。

だからあえて、そういう道具の写真は撮らない。

とりあえず技術を残すため、情報だけ発信。

実際の技術を受け取る、作るのは誰でも、自分でもいい。

受け継げる。

 

このハシゴに関しては、『竹を曲げる技術と材料の確保」が問題。

 

ちょうどいい太さの杉を探すのに苦労しているのと。

竹を曲げるのが難しい。

親方にしかできない技術だそうです。

広告