イノシシの肉。美味しいね。

広告



先日、もらったイノシシ。

 

猪肉美味い!

これはアバラ骨の部分。

イノシシチョップ。

 

 

丸ごとイノシシ、肉の入手。

自分が獲ったのではなく、もらい物。

詳しくは、この記事を。

この部位は、焼くのが美味い。

 

解体して数日間、冷蔵庫で保存。

 

一頭解体すると、量が多い。

すぐには食べきれないのと。

熟成、寝かせるテスト。

肉は、熟成するとアミノ酸がでるらしい。

 

半分は、プレゼントしました。

 

解体した肉は。

近所のお世話になっている人に、半分はプレゼント。

 

プレゼント、お返しをしたつもりが。

別の食べ物、魚をいただく。

結果、物々交換。

イノシシが、魚に変化。

 

「鮮度がよければいい」というわけでなない。

 

精肉されて、店頭に並ぶスーパーなどで売っている肉。

牛や豚、鳥などが、どんな時間や手間。

流通するまでの経過、経緯。

食肉の熟成技術。

蓄積された知識があるのだろう。

この専門技術は、自分の時間軸の中では。

会得できる範囲ではない。

 

油がはねて、畳がツルツルになる。

 

難しいことはさておき。

イノシシの油は。

他の肉とは、おそらく沸点が違う。

サラサラしているという表現の通り。

低いのか?飛ぶ、はねる。

 

イノシシの肉を焼くと、家、部屋が汚れる。

焼き肉は、においが残るのは、難点。

 

油分で畳が、ツルツルになるのは保湿効果。

できれば製品として。

イノシシの脂でハンドクリームは無理だとしても

皮革製品に 、応用ができればいいのだけどね。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。