イノシシをもらう。(肉ではなくて丸ごと)

広告



イノシシを、もらいました。

 

残念ながら、自分の罠にはイノシシがかかりません。

エサを置く作戦も、まだ結果がでない。

 

数年前に移住してきた田舎、この地域。

最初は珍しく感じたイノシシですが。

犬や猫よりも、身近に感じる動物。

ヘタしたら人間よりも気配を感じる。

 

田舎では、獣肉を食べる食生活や光景は、普通かなと思っていたのですが。

 

  • イノシシのような野生鳥獣は食べられていないこと。
  • 家で野生鳥獣を解体している人は、ほとんどいない。

 

一般家庭では、おそらくスーパーで買うものが、食べ物。

都会と一緒。

食文化としては、面白くない。

 

田舎で生活している中でも特殊な部類。

 

畑をイノシシに荒らされている経験と、もともとジビエへの興味。

そのため、狩猟者。

 

私は、田舎で生活している中でも特殊な部類なのかもしれない。

たまに、敷地内に、丸ごとイノシシが吊るしてあるという事実、光景。

(よそからは見えないようにしてある)

 

そして、イノシシ。

数頭獲れた中の一頭をもらいました。

 

精神的な面と実務、作業的には慣れた。でも、抵抗感はある。

 

野生鳥獣を処理すること。

精神的な面と実務、作業的にも慣れた、とはいっても。

汚れる、解体する労力、衛生上。

解体作業するには、設備や環境が欲しい.

今の個人宅では、衛生的に不十分。

 

豆腐が主食。

 

外に食べ物、肉があるのに粗食。

 

 

普段の食事。

メインは、豆腐。

これにプラスアルファ。

肉や魚、野菜は、少し食べれば大丈夫。

 

食べるのも、食べるまでの作業も、労力がいる。

広告