本を購入。『ネットで「女性」に売る』。野菜を販売するターゲットを考える。

広告



マーケティングの勉強。本を数冊読みました。

 

今回はこの本。

ネットで「女性」に売る。

買いました。

 

 

 

自然栽培の野菜。誰に食べてもらいたいのか?

 

自分が育てる野菜。

販売のターゲットは誰なのか?

自然栽培の野菜を誰に食べてもらいたいのか?

絞って考えてみた。

 

万人受けは狙っていない。

 

本来なら、育てた野菜、商品は。

たくさんの人、不特定多数が口にする機会があればいい。

そして、近所で販売、消費ができればという理想。

でも、これは現状では、無理。

 

都会とは違って、食べ物を自分で育ている人がほとんど。

とりあえずはウチから買う必要はないし。

 

田舎に限らず。

オーガニックの野菜とその他の栽培方法。

育てると食べる。

育てる人と買う人。

食べ物にそこまで深い関心がない。

 

商品の質というよりも安ければという、値段勝負。

自分はそこ、値段を安くするつもりはない。

 

だから、もともと万人受けは狙っていない。

 

味の良さよりも、美容や健康、食の安心や安全を求める人。

 

仮説、ペルソナ、セグメント。

自然栽培の野菜を欲しい人は。

 

男性より女性。

その女性は、味の良さ、それよりもまずは自身の美容や健康。

子供がいれば、余計に食の安心や安全を求める。

ある程度お金に余裕があって。

ネットは普通に使える、抵抗がない世代。

 

でもそういう女の人。

基本、料理はしない気がする。

 

だから、野菜そのままの形で売るよりも。

もうひと工夫が必要かな。

販売戦略策定中。

 

 

なお、自分が育てた野菜の売り。

単純に美味しい。

三ツ星レストランでも出ない、出せないはずの食材、素材の味。

 

頭で考えること、安心や健康、環境問題。

難しいことは、そのあと。

広告