くくりわなは、4丁購入。茨城県の狩猟期間がやってくる。

広告



平成30年度の狩猟期間。茨城県では11月15日からはじまります。

 

あと1週間、来週から狩猟期間。

 

個人でおこなう猟は、今期が初めて。

昨年までは。

 

  • お手伝いで箱わなの設置。
  • 獲れたイノシシの解体。

 

解体、精肉の勉強は、まだ必要ですが。

解体は、もう一人でできる。

 

使う道具はくくり罠。

 

今シーズンは、狩猟をやることに。

わなの自作をすることは諦めて購入しました。

この道具、くくりわなは、動物の歩くけもの道、ルート。

その中でも、脚を付く位置を狙って仕掛けます。

 

created by Rinker
ターザン ボーイ
¥22,000 (2019/12/11 16:27:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

最初に2丁購入。

この製品は、出来がいいとの判断、2丁追加しました。

合計4丁を仕掛ける予定です。

仕掛ける数量としては少なすぎるのかもしれませんが。

 

狩猟は、趣味の範疇。

 

個人的には趣味というより。

畑をイノシシから守るための有害駆除目的という側面が大きい。

費用と時間は個人負担。

 

お金がかかるだけではなく。

罠の見回りにでも、時間が必要。

仕掛けた罠の数が多いと見回りも大変。

まず始めるにあたっては、これがギリギリ。

 

個人的なメリット?デメリット?として。

荒らされる畑の隣が山で。

日常的に観察はしやすい、していること。

そこが狩猟のフィールド。

 

わなを仕掛けるのは、楽しみでもあるのも事実。

 

野生動物との駆け引き。

軽く言えば、釣りと同じ。

楽しみでもあるのも事実。

 

野生動物を殺すことを、ベジタリアンやビーガンの人が、動物虐待と愛護の観点から。

反対する人もいるかもしれません。

 

でも、自然栽培で野菜や作物を育てて収穫。

命が、生命力が減っていく姿。

 

収穫と止め刺し。

 

植物の収穫と、動物の止め刺し。

両方の現場を見て、食べている自分の感覚では。

動物と植物の命は、かわらない、同一。

見た目や感情的には、大きくて目立つ動く動物が可哀想に思えるのはわかる。

 

まずはここから。

 

一年目で、はじめて罠を仕掛けて獲物が捕れるのは。

そう簡単ではないそうです。

狩猟期間の約4ヶ月でどう結果が出るのか?

 

実績、経験、なんとなくの感覚がつかめれば。

他の山にも獲りにいきます。

 

まだ自分のような素人が、他の山に入っていくのは、動物をスレさせる。

それまではジャマに。

余計に農作物の被害を助長させる可能性。

そんな気がするのです。

 

耕作放棄地に囲まれた、自分の畑が荒らされるだけなら。

他の人には迷惑はかからない。

だから、まずはここからはじめます。

 

created by Rinker
ターザン ボーイ
¥22,000 (2019/12/11 16:27:04時点 Amazon調べ-詳細)

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。