野菜を真空パックにしてゆっくり茹でる。

広告



野菜を茹でるということ。

 

野菜に限らず肉も、ですが。

茹でるということは。

茹でているお湯に、その食材の成分が抽出されているということ。

 

美味しさを逃さないで、より野菜本来の味を味わいたい。

食材によっては、エグミなどを取り除くために茹でる場合もあるだろう。

 

できるだけ野菜の味を逃さない調理法。

 

その調理方法の一つ。

真空パックにして湯煎。

それも、できるだけゆっくり温度を入れる方法を試してみた。

 

里芋。

 

 

追熟が必要なカボチャ。

 

 

両方を試食。

 

 

昨日、試食したカボチャ。

フライパンで焼いて。

水分を抜いてから油で調理したもの。

 

 

味の差は歴然。

焼くよりも。

真空パックにして茹でた方が全体的に味。

穀物を食べた香りと少しの甘み。

こっちの方が正解。

 

ただ、里芋は料理法としては残念。

ちょっと違うかも。

これから再度料理のテスト。

もしかしたら品種の問題かも。

 

パッケージとしては見た目がいい。

 

 

キュッと締まっている感じ。

根菜などの硬い野菜は。

真空パックシーラーでパッケージングするのが良さそう。

 

食べる目的の野菜にとって。

空気を遮断されるということ。

保存、日持ち、味に関しては。

メリット、デメリットどちらが勝るのだろう?

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。