カボチャの花を食べてみた。

広告



 

カボチャの栽培。

 

カボチャの実は、ところどころついて。

でもしばらくすると。

カボチャの実がなくなる。

なくなっている。

 

カボチャの花を食べる。

 

だから、花を食用として、販売する作戦。

実が収穫できないとしても。

花をエディブルフラワー。

 

ベトナム料理では茹でて食べるらしいし。

ベトナム行ったらこれ食べよう。

カボチャの仲間、ズッキーニはチーズを包んでフリット。

日本料理では馴染みがないかもしれないけど、需要はあるのかもしれない。

 

 花を実食。

 

そのテスト。

生で、そして茹でて試食をした。

そのままよりも。

 

 

軽く茹でた方が。

 

 

食感が柔らかくトロリとして食べやすい。

ただし、かぼちゃの味はしない。

 

どんな味か?を形容すると、まさに想像通り。

花の味。

 

普段こういうものを食べる習慣がない人間にとっては。

美味しいか?まずいか?の判断ができない。

よくわからない。

 

この花の収穫は、咲いてから、ではもう遅い。

咲いた花びらは傷みやすいようで。

収穫、販売する側としては、咲く寸前のつぼみ。

この状態で採るのがいい。

広告