オクラ。スターオブデイビッド。

広告



オクラの栽培。

 

品種は、スターオブデイビッド。

 

 

数年間採り続けているオクラのタネ。

 

今年の栽培は失敗。

 

タネの保管の悪さ。

そのため。

採取していたタネが生きていなかった、発芽が悪かったのと。

 

タネをまいた後の管理。

鳥か虫かによって、発芽した双葉が食べられてしまった。

除草管理をしなかったために、まわりの草に負けた。

これらはわかっていたこと。

自分のミス、人災。

 

大量にタネをまいたにも関わらず。

残った株は、ほんの数本。

 

とりあえず株が残って収穫ができる。

来年用のタネを準備できること。

これだけでも良しとする。

 

夏野菜のメインとして考えるには。

初期栽培の手間、リスクは大きい。

ただある程度の育てば、収穫はコンスタントにできる。

そのバランス。

 

不確実性のないところからお金を稼いで、投資している状況。

未だに農業をやる準備さえできていない。

広告