本のレビュー『こんな僕でも社長になれた』

広告



『こんな僕でも社長になれた。』読みました。

 

 

連続起業家といわれている、家入一真さんの本。

 

 

以前は、引きこもりだったとか。

 

過去の話や、現在の活躍。

断片的な情報は、いろいろ耳に、Twitterなどで目にする。

社会に影響力を持つ一人であることは間違いない。

 

会社ってどうやって作るのだろう?

 

会社を作る、起業するということがどういうことか?

その過程や方法。

それを知る本、内容ではない。

なんとなくのヒントが欲しかったのだけど。

 

本の前半、半分以上は読んでいて苦しい。

 

それぞれ家庭には事情があって。

そして、若い頃は苦悩する時期が。

体験的には違っても、誰しもあるのかもしれない。

 

途中の半分以上までは辛い。

途中から、何か明るく、光が見えてくるような。

難しい本ではなく、先が知りたくて読み進めてしまう。

 

ビジネス書というより伝記。

今の活動をなんとなく知ると。

この本の時点では、まだ序章、始めの頃。

 

次はこの本を読んでみる。

 

広告