かぼちゃの実がつく。

広告



まいたカボチャは4品種。

 

 

カボチャは、どの品種がうまく育つのか?

 

種をまいたカボチャの品種は、4種類。

うまく育つ品種の選定。

そして、播種、育苗する箱。

初めて使った干し箱。

これでうまく発芽、生育するのかのテスト。

干しカゴにまいてみた。

 

品種の選定は、検証できなかった。

 

発芽がばらついたのは確か。

発芽の時点で、まあまあ良かったのは2品種。

一つは全くダメ。

だったような。

 

いろいろな作業が重なると。

じっくり観察している余裕はなくなる。

 

とりあえず、発芽から苗としてうまく育ったものを。

段階的にポットに鉢上げ、畑に植え付けた。

 

それぞれ特徴のあるカボチャだから。

収穫、実がなれば品種の見分けがつくだろう。

 

カボチャはもともと強健、強い野菜だといわれている。

無肥料、自然栽培で十分育つ予想。

 

現在、実がつき始めた株が数本、数カ所。

 

作物の生育としてはいい感じ。

その実証で現在この状態。

こんな感じ。

 

 

収穫は難しい。

 

たぶん、このままでは採れない。

イノシシに食べられてしまうはず。

 

畑を防護柵で囲う対策、準備ができていない。

 

かぼちゃの花は、食用になる?

 

実は、採れなくても花は食べられる?

商品になるかも。

チーズを詰めたり。

広告