発酵トマトに驚いた!料理通信を買う。

広告



料理通信という料理雑誌。

 

この雑誌「料理通信」。

 

created by Rinker
¥822 (2021/10/19 06:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

一般家庭向け。

テレビの教育番組でやっている料理。

そのような内容とは違って。

プロ向けの雑誌。

 

料理本にはまだ紹介、書いていないような新しい調理、料理。

読んだところで、これらの調理を試す人は一般家庭では少ないのでは。

読み物として楽しい。

 

今月のテーマは、最近ブームである発酵。

 

 

発酵は、ブーム。

流行りというか、見直されている。

発酵風味、偽物の食品ではなく菌による本来の発酵。

原点回帰、それを時代が欲している、ということかもしれない。

 

発酵トマトの調味料。

 

 

 

自然栽培、有機農業では自家採種をする。

 

トマトの種を採る。

トマトに限らず野菜の種を、採取するために。

これと同じように発酵させることがある。

 

発酵した野菜の甘い匂い。

もしかしたら食べられるのでは?

そんな気はしていたけど。

口にする勇気はなかった。

発酵させたトマトを調味料としてつかうなんてびっくり。

 

発酵と腐敗。美味しいとまずいの境目。

 

食べる、食用、提供の目的で発酵を管理。

その見極めができる料理人。

尊敬しますね。

 

created by Rinker
¥822 (2021/10/19 06:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

定期購読したい雑誌の一つ。

広告