枯れたと思っていた月桂樹。復活しました!

広告



月桂樹、ローリエの栽培。

 

前年の4月に買って植えた苗木。

月桂樹を植えました。

 

全シーズンの寒さがよほど厳しかったのか?

それとも、もともとここの畑では栽培条件が合わないのか?

 

暖かく、春になっても。

植えた苗は、枯れたまま。

枯れた枝からは新芽が出る様子はなく。

この場所での栽培は、あきらめていた。

 

栽培をあきらめていたとはいえ、ほんのすこしの望み、期待。

 

いままで数種類の樹を植えて。

上部が枯れているように見えても根が生きている。

 

そこから、ひこばえ。

以前違う場所でこの月桂樹を植えた時。

山椒の苗木の時もこのケース。

見た目では生きているかどうか?わからない。

 

 

そんな中。

 

月桂樹が復活。

 

 

この時期、出てきたこの小さく細い枝。

いまからではそこまで成長はしないだろう。

 

根っこは生きているとしても、本来は、常緑の植物。

年月、樹齢を重ねれば耐寒性がついて、上部も越冬できるのか?

それとも毎年上部が枯れて、この時期に復活、という生育サイクルなのか?

この植物、月桂樹が復活してくれたこと。
一つのレパートリーということだけでなく。

使い道、幅が広がるハーブ。

うれしいというか、安心感、さらに期待感。

 

追記、3年目の結果。

冬場に枯れるウチの月桂樹。寒冷紗をかけただけでは防寒対策にはなりませんでした。

広告