イノシシの動きが活発になっているようです。

広告



以前から畑付近にイノシシがいるのはわかっていたのですが。

 

ここ数日は、歩いているだけでなく。

農道のキワが崩され。

畑にも巨大な穴。

 

 

ここは石だらけでトラクターが使えないので。

掘ってくれて感謝。

すごい馬力。

 

その他の、畑の作物は被害にあわないように。

食べないであろう種類の作物を選んで栽培をしているので。

現在のところは、作物が踏まれる程度で済んでいる。

 

本来、自衛の策としては、電気柵か防護柵を設置するべきなのだろう。

 

点在している畑に対して。

どこにでも現れる相手に対策をするとなると。

宝くじ状態。

全てを囲っていくのは予算、労力的に無理。

獣害対策は、個人、自分の畑だけでは無駄。

 

近隣の耕作放棄地を解消しても手遅れかもしれない。

人間と動物の垣根を作るという意味で。

山、全体を囲うしかない。

地域の問題。

 

そして人間の足跡。

 

イノシシの足跡。

 

 

そして同時に人間の足跡。

 

 

有害駆除隊か?

それとも侵入者か?

いずれにしても人の管理している場所。

勝手に入るのは不法侵入。

畑に不法侵入、泥棒。

動物だけでなく人間も監視の対象。

パトロール中。

広告