チャイブの花でビネガー漬けを作ります。

広告



チャイブの栽培。

 

チャイブの栽培をしています。

栽培はしているのですが。

どう売るか?が難しい。

 

去年も同じようなことを考えていたようですね。

 

売れる作戦がないと面積を増やせないし。

販売を強化するには量も必要というジレンマ。

 

チャイブ食べたことある?

 

見た目は、つまようじくらいの細さで30センチくらい。

味はネギとニンニクが混ざったような。

 

野菜のお寿司。

芽ネギがネタのお寿司があるから。

代わりに使えるかも!(いま思いついた!)

 

そんなチャイブ、今頃は花が咲きます。

 

 

ネギの仲間だから。

このネギ坊主は取り除いたほうがいい。

 

これを何に使うか?

サラダの彩りや味、食感のアクセントとしてもありだけど。

 

先日、ある人のインスタで。

チャイブの花のビネガー漬けをみた。

そんなのあるのかとびっくり、驚いた。

 

酢が紫色になるらしい。

おそらく、ビネガーに味が抽出されるだけでなく。

食用として花の保存もできそう。

 

とはいえハーブ。

主食ではなく、調味料、アクセント。

まずは真似をして、チャイブの花を瓶に。

 

 

酢に漬けてみます。

 

そして次はヘルシーな野菜寿司。

今度は人の真似ではなくオリジナル?のチャイブ寿司。

お寿司が握れるかは別として。

ご飯のかたまりの上に具材。

お寿司風の味を試してみることにします。

 

ネギ+お米=美味しい。

美味しさの方程式は間違いないはずですから。

広告