土地と合わないということ。

広告



常緑の樹木がうまく育たない可能性。

 

常緑樹、耐寒性があるといわれている樹木の数種類。

ここの気候、土地には合わない。

育たないのかもしれない。

 

  • ローズマリー。
  • 月桂樹。
  • オリーブ。

 

今のところ3種類。

品種を変えてのテストをしている。

 

寒さで、常緑のはずの葉が枯れ、もしくはすべて落ちた。

この暖かさでも、新芽がでてこない、復活してこないということは。

もうだめなのか。

 

追記。

その後、7月に月桂樹が復活。

枯れたと思っていた月桂樹。復活しました!

 

特に好きなオリーブ。

オリーブの樹は、育つのを期待、楽しみにしていた。

これが育たない、ダメだとすると。

将来的な、栽培品目の計画変更。

次はどうするか考えなくてはいけない。

現実的なことよりも。

心情的に残念な気持ち。

 

まだ失敗とは限らない。

もう少し様子をみようと思っている。

 

どこかで諦めは必要で。

同じところでもう一度という栽培テスト。

やってみたいと思いながらも、個人的に同じ失敗はできない。

結果がでてからいずれ、場所を変えてやってみたいとは思う。

 

そして、これはあくまでも事例、一つの結果であって。

これを知っても、挑戦する人が現れたらいいなぁ。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。