ブルーベリーの花。これは、つぼみかな?

広告



ブルーベリーの栽培。

 

ブルーベリーの苗木を植えたのは、たしか2年前でした。

 

同じ城里町の磯野地区にあるブルーベリー園。

そこで譲ってもらった苗木。

 

4品種で2本ずつ。

このブルーベリーも栽培途中で様々な。

外的な問題が起こったわけですが。

 

そのうち2品種なんとかうまく育っている。

 

どうやらこの2品種は、この土地に適応するようです。

品種名は譲ってもらったブルーベリー園に確認と共に状況を報告に行きたい。

実は、譲ってもらった2年前から会っても、連絡もしていないのです。

やっとその時期が来たのかな。

 

収穫時期が違う品種だといいのだけどね。

 

できればそれぞれ収穫時期が違う品種であればいいのだけど。

同じような生育であるということは。

そこはうまくいかないかも。

 

 

 

ブルーベリーを始めとする樹木の栽培。

 

地道に剪定した枝を挿し木して増やしていくよりも。

お金があれば。

年数の経った苗木を仕入れて植えるほうが。

収穫までの時間、年数がジャンプできる。

 

でも、これだけ品種によって生育の差が出るということは。

最初は、少ない本数での栽培。

テスト栽培は必要。

 

必要なのは、ある程度の栽培技術、場所と時間、お金。

 

農業は投機的。

あの時、お金があったら、もっと本数を植えていて。

その分、商品となる収穫物。

返ってくるお金、リターンは、大きかったはず。

それと同時に、失敗したリスクも負う。

 

失敗を含めて経験したことは、個人の日々の進歩、進化につながっているのですが。

次に農業をやる人たちに向けては。

この時間をできるだけ短縮できる状況を作っておきたい。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。