トマトのこぼれ種が発芽

広告



完全に自然な状態で、トマトが発芽しています。

 

ビニールハウスやトンネル内で、電気や温床などで加温。

これらを使って温度管理。

この方法が夏野菜の促成。

発芽、育苗させる技術。

 

資材を使わず現在の夜間の外気温は3度。

この最低温度では、発芽はしないだろう。

まだ寒すぎると思ってた。

 

草取りしてたら、トマトの発芽を発見。

 

その畑は昨年トマトの栽培をして。

こぼれ種が落ちているのはわかってる。

冬の間は日当たりが悪く、土が凍っていた場所。

そこでトマトの発芽を発見。

 

本当か?と目を疑う。

これは、イエローペアトマト。

うまく収穫は出来なかった品種。

 

 

貴重な苗なので、大事に拾って、ポットに移植。

こんな早い時期の発芽は、何かの間違い。

この場所、この個体の偶然だろう。

そう思いながら。

 

こぼれた種のありそうな場所を見て回ると。

すでに発芽している、ちょうど発芽が揃った状態。

 

手間のかかる人為的な播種、育苗の管理。

 

効率的に苗が手に入ったことのメリットよりも。

播種、発芽、育苗の技術や考え方。

 

正しい、正解だと思っていたこと、経験が。

ガラガラと崩れ落ちた。

敗北、負けた感じ。

勉強し直しです。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。