オリーブが育つか?そろそろ結果が出る頃。そこにイノシシがやってくる。

広告



城里町のこの地域でオリーブが育つのか?

 

オリーブの栽培をテスト。

『寒い地域ではオリーブの木は枯れる。』という話。

 

でも、個人的な感覚としては、育つ。

そして、その結果がそろそろ出る頃。

 

現状はこれ。

 

 

常緑であるはずのオリーブ。

葉が、すべて枯れて落ちてしまった。

失敗?

 

観察している感じと希望、楽しみ。

気のせいと思い込み、かもしれないけど。

木は、枯れていない、なんとなく芽が動き始めている。

枝を触って念をおくる日々。

 

いずれにしても、あと少しの時間、1、2ヶ月で結果は出る。

 

そんなオリーブの苗木の2メートルの距離。

昨日はなかった。

巨大な堀った跡。

 

 

その犯人は、しばらく来ていなかったイノシシ。

 

 

町の有害駆除の対策で。

だいぶ頭数が減ったと思っていたけど。

まだいる。

 

イノシシ、獣害対策。

個人としてできるレベルの対策。

防護柵などが必要なのはわかっているのだけれど。

お財布と相談すると、それができない。

だから、周り近所に迷惑をかけないような対策。

収穫目的の作付けをしている。

 

オリーブの生育と、そのイノシシの被害予防、対策。

 

オリーブがここで育つか?

答えが出るまで木へのイノシシの直接被害がないことを祈る。

時間の勝負と運。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。