畑に侵入者、そして荒らされる。これで3回目です。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

収穫直前の作物が盗難にあう事件がある。

 

うちの場合は、目的がわからない。

 

収穫前の成長段階。

これは、いたずらではない。

3回目なんですね。

 

一度目は、あんずの苗。

枝をカットされ。

二度目は、その木の樹皮をはがされた。

 

そして今回。

別の木。

さんしょう。

 

もともと枝はでていないので。

上がカットされ、樹皮が軽くはがされている。

一度目と二度目の合わせ技。

 

気が変わったのか?

 

畑の監視、防犯対策として。

 

もともと畑にセンサーをつけたかったから。

ラズベリーパイで電子工作。

やってみようかと調べていたけど。

 

予算の都合。

時間的にも無理、断念。

 

監視するカメラ。

映像を撮るだけなら。

トレイルカメラ。

動体センサーがついていて。

レンズは広角、撮影距離も十分。

夜間でも撮影可能な暗視カメラ。

(切り口から考えて。うちの場合は、昼間やられているはずだけど。)

 

ただ問題は、相手が人間だと。

カメラが盗難にあったり。

壊されたりする恐れがある。

畑まではWi-Fiは届かない。

 

監視カメラを監視するカメラをつければいいのか。

それを監視するカメラをつけて。

またそれを、、、。

これ欲しい。

広告



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。