また畑に侵入者。今度は表皮が削られている。

広告




ビリーズマーケットのブログです。

数日前に書いた記事。

畑に不法侵入者。

 

こうなると畑の防犯。何かしら対策が必要なのかも。

 

何者かに枝を落とされた同じ苗木。

表皮が削られている。

 

動物の仕業か?

 

やはり最初はそれを疑う。

でも、これはどう見ても刃物。

何が目的でこんなことをするのか。

 

動物が相手なら本能。

 

動物はこれで仕方ないと思う。

人間は何か理由があるはず。

他にも数本の木があるのに。

やられているのはこの一本だけ。

 

犯人を捕まえて、話を聞いてみたい。

 

一般的に農業は、原始的に思える。

自然栽培で野菜を育てることは。

それ以上に昔の技術、アナログな人間だと思われかもしれない。

相手、犯人は、このブログを確実に読んでいないのだろう。


 

自然栽培のAI化。

 

まずできれば、IOTも使いたい。

それを通り越して自然栽培のAI化。

ここを目指しているのです。

 

防犯くらいなら簡単。

 

ハードの面(金銭的)では難しいけど。

ソフト的には簡単にできるから。

うちの畑に勝手に侵入するのは。

捕まる覚悟をしたほうがいいですよ。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。